本体価格

¥2,500,000-

GSL-10

 

省スペース・コンパクト設計

6インチチャック搭載で最大加工径はφ180mm。

機械幅1,400mm、奥行1,250mmの省スペース・コンパクト設計で設置場所に困りません。

操作性の向上

人間工学に基づき操作盤を最適な高さに配置することで、モニターが見やすく、楽な姿勢で作業を行えます。また、操作頻度の高いボタンを作業者右側に集中させることで作業性が向上し、誤作動も防止します。

作業者に配慮した設計

ドアから主軸芯までの寄り付き性が良く、また床から主軸芯までの高さを960mmとすることで誰でもワークやチャックの交換作業を容易に行えます。

Made in JAPANの信頼

主要部品は、日本国内製。組み付け調整は、当社工場で高品質に行われますので、海外でも安心してお使いいただける「実用性」と「耐久性」を実現します。窓枠の桜色は本気のコンセプトであるMade in JAPANを表現しています。

 

本体価格

¥3,500,000-

GSL-15plus

高品質と耐久性の追求

当社が長年培ってきた旋盤技術ノウハウを活かし、主軸ユニットには当社主力製品(XL-150) で実績のある軸受内径φ100mmと同等のものを採用。日本国外の作業環境を想定した耐久性を保持し、長時間の稼働状況においても加工寸法変化を最小限に抑えることができます。

低コスト・高信頼性の両立

構造のシンプル化を行うことで、低コスト化を実現。既存機との差別化を図っています。またグローバル低価格機でありながら、主要装備品はもとより機械加工、組立に至るまで可能な限り日本製にこだわり、高い信頼性を維持します。

 

すべての作業者に優しい配慮

主軸芯高さ980mm、前面から315mmと寄付き性に優れ、機械天井部の高さが1,400mmと低く設定されていることで、作業者への圧迫感を軽減させ、身長の低い作業者でも無理なく作業が行えます。またメンテナンス性を向上させるために、蓋を取り外すだけで簡単にタンク内を清掃できる固定式のクーラントタンクを採用しています。

テールストック装置を搭載

テールストック装置の搭載によりシャフトワークにも対応できます。

 

【応募締切】

平成29年7月31日(月)迄

【応募資格について】

ご応募は、日本国内在住の方で、且つ機械の搬入先が日本国内に限らせていただきます。

応募方法は、郵送、またはFAX、ホームページ上の応募フォームとなります。

一社につき一件までの応募とさせていただきます。

ただし、複数事業所を有してる場合はその限りではなく一事業所一件の応募とさせていただきます。

【抽選・当選について】

当選の発表は厳正な抽選の上、平成29年8月1日(火)に当選者様に直接ご連絡させていただきます。

また、ホームページ上に社名の公表はいたしませんが市区町村まで発表させていただきます。

本機は、現在工作機械を所有して金属加工を行っている実態のある法人様が対象で、転売目的等の場合は無効とさせていただきます。

お客様の住所、電話番号が不明確な場合や、住所の変更、電話番号の変更等の理由により一定期間内にご連絡ができない場合、

ご応募されたのが本人ではない場合、何らかの不正が認められた場合には当選を無効とさせていただく場合がございます。

【機械の受け渡しについて】

機械の受け渡しは機械代金全額入金後となります。

本機は標準仕様であり、仕様変更は受け付けておりません。尚、本体価格に搬入・据付・操作指導費用は含まれておりません。

必用な場合は別途打ち合わせ・お見積となります。

Pick up News

2017/06/19 機械要素展出展記念キャンペーン開催中!

new!!

2017 Schedule

 

機械要素技術展(M-Tech)

2017/06/01 DAIICHI SANGYO OUTLETオープンいたしました!

2017/05/31 第一産業公式サイトリニューアルいたしました

Contact

機械要素、加工技術を集めた日本最大の専門展

機械要素技術展(M-Tech)は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、

金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた専門技術展です。

毎年、設計・開発、製造・生産技術部門を中心とした製造業ユーザーが多数来場し、出展企業と商談を行っています。

 

第一産業株式会社/Daiichi sangyo co.Ltd.

〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦640

mail:info@dskk.net

tel:023-688-4781 fax:023-688-4709

Social media

メカトロテックジャパン(MECT)

「メカトロテックジャパン(MECT)」は、2年に一度、西暦奇数年に名古屋市のポートメッセなごやで催される日本最大級の工作機械見本市です。1987年に第1回目を開催して以来過去15回の実績を持ち、2015年展には、444社・団体(1915小間)が出展し、約9万人が来場しました。国内外の工作機械や塑性加工機、切削工具、CAD/CAM、関連機器などが一堂に会するのに加え、その時々の最先端技術を紹介する主催者企画など、充実した企画内容も大きな特徴の一つです。国内では、日本国際工作機械見本市(JIMTOF)に次ぐ規模の工作機械見本市として高い評価をいただいております。 次回は、2017年10月18日~21日に開催します。

 

©2017 Daiichi Sangyo. Inc.All Rights Reserved

¥2,500,000-

¥3,500,000-